DOLを引退し、FF14で密かにこっそりしてたのに、一ヶ月で引退。その後はDOLを復帰したり引退したり。この度、ペット日記を始めました!リンクはフリーでございます!一言知らせて頂けると管理人が泣いて喜びます!
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
お気に入りの作家
2010-08-23 Mon 23:26
突然ですが

ワタクシはを読むのが大好きですが、とある傾向がありまして・・・

それは
気に入った作家さんを読み倒すことです。

つまり、本のタイトルとか内容とかではなく

○○さんの新刊だから読む!みたいな感じです。

そんなワタクシの本棚には

阿刀田高様と、小池真理子様と、伊坂幸太郎様

ほぼ9割埋まってる感じです(汗

特に、阿刀田高様の作品はワタクシが小学生の時に出会ってからずーっと集め続けています。

高校生くらいから、突然小池真理子様ブームがワタクシの中で起こり

100%阿刀田様の本棚から、30%小池真理子様の本が集まり出し、

同じく高校の時に貴志 祐介様の作品にはまり、(ただ、ちゃんと読んだのは4冊)

ここ数年で久々に心躍った作家の伊坂幸太郎様の本が急激に増え続けました。

そして最近では大石圭様の作品を読みまくっています。

良く考えたら、小説に限らず、好きなチョコレートも銘柄で買ったり、

も大体同じブランドしか持ってなかったりー、も同じメーカーだったりー

持ってるCDとかもアーティストが偏っていたりー

ああ、つまりワタクシはすごくブランド志向が高いのか・・・('A`)

の割にはヴィトンやプラダなんかのブランドには興味がないんですヨ・・・_| ̄|○
スポンサーサイト
別窓 | 日常 | コメント:2 | トラックバック:0 |
最近読み終わった本「湘南人肉医」
2010-08-17 Tue 23:23
今回読んだのは

大石 圭さんの

「湘南人肉医」 

角川ホラー文庫から出ています。

タイトルのごとく、いわゆる「カニバリズム」がテーマのお話ですが、

グロさは余りなく(?)テーマが重い(はず)な割にはちょっとコミカルな面もあり・・・。

内容としましては、

日ごろから過食気味の神の手を持つといわれる美容整形外科医

好奇心に勝てず、患者から吸引した脂肪を食べてしまう。

人としてのタブーを犯したはずなのに、初めて空腹が満たされた主人公は

その幸福感を再び味わうために、人肉を手に入れようと奮闘する・・・というもの。

描写には性的なものはあまりありませんが、主人公が人肉を口にしたときの

あまりの快感に小躍りしてプルプル(心も体も)したりするところが

なんともコミカルでした。

これを読むと、「人肉ってそんなにおいしいの?」

思ってしまうくらいの描写があって、なんだか複雑です。

読み終わってから、なんとも切ない気持ちになってしまったので

オススメ度は10段階の6で!!




別窓 | 日常 | コメント:4 | トラックバック:0 |
戦いの後で・・・
2010-08-16 Mon 19:31
*閲覧注意!!*

この日記は腐った内容が含まれています。(BL的な)

腐的なモノが苦手な方は今すぐ逃げてぇぇぇぇっぇぇ!







毎日暑い日々が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか??


ここ数日は、夏コミという名の祭り

もとい戦場に行かれた方もいるのではないでしょうか?


え??

ワタクシですか??


まぁ、あれです。


100815_2124~01

こんな感じですがなにか?( ´_ゝ`)


まぁ、以前にもチラっと書きましたが、

ワタクシ、ヘタリアではドイツやロシアを注いでおります。

もちろん、枢軸にもを注ぎまくっています。

でも買うのはほとんど

アメリカ×イギリスだらけです。

ちなみに今日も懲りずに仕事帰り某と○のあなに行って様子を伺っていたのですが

まー、最近は委託も初日からガシガシ本を置いてくださっているおかげか

レジが大混雑でした。

正直、ワタクシもレジに並んでいたのですが、男性向けと女性向けが同じフロアにあるせいで

相当カオスで、妙な疎外感も連帯感も味わってきました。

夜な夜な戦利品を眺めつつ、

しばらくは元気をもらえそうです(*゚∀゚)=3

別窓 | ヘタリア | コメント:2 | トラックバック:0 |
読み終わった本「虫送り」
2010-08-10 Tue 23:28
今回読んだのは

和田はつ子さんの

「虫送り」

角川ホラー文庫から出ています。

実は初めて読んだときに、

「あれ?この展開どっかで読んだことある??」

と思ってしまいましたが、思い出せず_| ̄|○

ホラーはホラーなんですが、序盤はスプラッターとは違う痛さがジリジリと

きます。

ジャンルはバイオ・ホラーらしいんですが、ミステリー要素やまたまた

SFチックな展開もあり、でもなんかシャーマン的な要素もあり・・・。

基本的に虫系のグロが苦手な人にはオススメできません

かなりの確立でトラウマになると思われます。


内容としましては

品種改良されまくったてんとう虫川魚を強襲

その影響か恐怖なアリが発生してしまった村。

そのことを疑問に思った人が次々に怪死(ほんとに異常)。

それと平行して行方不明になっている女子高生達

そのうち村の若者(10代の男女)にも次々に異変が・・・・

強い虫を作り出した男の狂気に文字通り虫唾が走ります

正直、序盤がなかなか面白かったので

中盤はひたすら「痛い、キツい、グロイ」

そして終盤は「えええええ??」 ( ;゚皿゚)ノシΣバンバン!!


読み終わったあとは、なんか釈然としない・・・


というわけで、

ワタクシ的にはオススメ度は10段階の3ってとこです。



別窓 | 日常 | コメント:2 | トラックバック:0 |
最近読み終わった本「レフトハンド」
2010-08-02 Mon 23:38
今回読んだのは

中井 拓志さんの

「レフトハンド」

角川ホラー文庫から出てます。

この作品は日本ホラー小説大賞長編賞受賞しています。

ホラー的要素よりも、どちらかというとグロイSFのような気もしました。

なのでグロが苦手な人、しかも想像力豊かな人は要注意だと思います。

ただ、物凄い分厚い(480ページ)あるのと、作者の特徴なのか文章が軽くないというか

ちょっとクドイとこが難点かと。

最後まで読むために頑張った気がします。

内容としては、スキンケアを研究してたはずの研究室でなぜか「レフトハンドウィルス」

という感染すると死亡率100%の未知のウィルスが発生。

しかもそのウィルスが漏洩し、そこの研究室の主任は自分の要求を呑まないとウィルスをばら撒くと

テロリスト宣言

ゲームのバイオハザードとか、サイレントヒルとかが好きな人なら想像力でイロイロ楽しめるかもです。

ただ、登場人物があまり生き生きとしていないので、ワタクシ的には

オススメ度は10段階の5ってところです・・・。





別窓 | 日常 | コメント:5 | トラックバック:0 |
| 新・提督への道!!! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。